タマニワにっき(お知らせ兼ブログ)

2016-06-12 19:00:00

私の着付け教室は、直前のキャンセルをOKにしていて、キャンセル料もいただいていません。そうできるのは、直前のキャンセルというものを避けることが難しいという理解をしていることと、そう実現可能な仕組みにしていることからです。今日はその考え方と仕組みについて書いてみました。

 

直前のキャンセルを避けることが難しいと思う理由

私が元々、超激務のIT業界にいたため、突然のトラブル等での突発的な残業がよく発生していました。そのため仕事後の飲み会やその他もろもろの約束事に行けないことがよくありました。行けないこと自体はしょうがないのですが、行けるか行けないかの瀬戸際のところでの焦りというか不安感を持つのがストレスで、最終的には仕事がある平日は約束を入れなくなってしまっていました。なんだかそういうのがすごくイヤで、でも突発的な残業は誰にでも必ずあるし、私は毎日あったし、みたいな経験から、そういう行けるか行けないかの不安を生徒さんにはかけたくなかったのです。なので、「直前キャンセルOK」な教室にしたいと思いました。

 

直前キャンセルをOKにできる仕組み

まず、レッスン場所を自宅にすることで場所代がかからないようにしました。レッスンがなければ教室はとたんに自宅です。売上のプラスにはなりませんが、マイナスにもなりません。そして、私の今の収入源はこの着付け教室とは別にあるので経済的に大丈夫なのです。もちろんレッスン前には準備として、着物を着たり、教本を読み直したりもしますが、それは自分自身の練習にもなるのでプラスです。ズボラな私にとって、レッスンが入ると強制的に練習ができるので逆にありがたいのです(笑)。そんなこんなで、結局のところレッスンがなくてもトータル的に私にはプラスになっているのです。

 

 

ということで、お仕事後でも遠慮無くじゃんじゃんご予約入れてください!そして、遠慮無くキャンセルしてください!残業はないことにこしたことはないですが、残業になってしまったらぜひお仕事のほうをがんばってくださいね!

 

これを書きながら、21:00からミーティングが入っているスケジュール表を見て愕然としたことを思い出しました。IT業界、こわい・・・。

1