タマニワにっき(お知らせ兼ブログ)

2016-12-16 20:48:00

突然ですが、私の髪型の決め方がちょっとクレイジーだと言われたので、その話を書いてみようと思います。

 

 

IT戦士だったころ、ロングヘアからバッサリショートボブに切ったときがありました。

 

スッキリ!

Mizco Asadaさん(@a3miz35)が投稿した写真 -

 

そのとき「なぜ切ったの?」と聞かれたので、こう答えていました。

 

「髪を乾かす時間がないから」

 

当時は激務に激務を重ねており、3時に帰って6時に出社 みたいな生活だったため、ふと「このドライヤータイムを短縮すれば、メール1本、さばけんじゃね?」と思ったのです。

自分ではすごい名案だと思っていたのですが、周りはひいていました…。

「髪は女の命」と言われたりするくらい女性にとって髪は大事なものなのに、乾かすのがめんどうという理由が斬新だったのでしょうか。

 

 

そして、着物の世界に転職し、今は髪が長いです。

今度は逆に「髪、伸ばしているの?」と聞かれるので、こう答えます。

 

「美容院代がないから」

 

半分ネタですが、たまに「今月の美容院代節約すれば、あれ買えるし…」と思うことがあります。

これも自分では名案だと思っているのですが、周りはやはりひいています…。

 

 

髪型はオシャレで決めている人がほとんどだと思いますが、そういう決め方があってもいいんじゃないかと思う今日このごろです。でも、働き過ぎには気をつけましょう…。

2016-12-11 16:37:00
この「着付け教室 タマニワきもの」ができるまでを、何回かに分けて書いてみようと思います。
着付け教室開講に向けて、もっか頭を悩ましていたのは、場所でした
自宅兼教室にしようと思っているのですが、当時住んでいた東京 東麻布のマンションは教室NGとのことなので、新たな物件を探すことに。

 

o0480048013153911699.jpg

物件が多そうなこの不動産屋さんにイン!

 

不動産屋さんいわく、住居兼教室で不特定多数の人が出入りする場合、「小さめの建物(3階建て6部屋みたいな)だとOKが出やすいかもね~ でも少ないよ~」とのことでした。

 

少しの不安をかかえながら、さっそく1件、麻布十番で1R10畳のお部屋を見せてもらうことに。

 

この広さだと、私物を徹底的になくしてソファベットにすればなんとかいけそうな気がする、ということはわかりました。

 

o0400030013153911710.jpg
懐かしの天津木村

 

この物件、条件はよかったのですが、3階まで階段ということもあり、着物を着て出入りする生徒さんのことを考えて保留に。

 

教室は、明るくて、「通いたい!」と思えるようなわくわくする場所にしたいと思って探していました。

 

 

ということで、しばらく物件探しの旅は続いたのでした。続く。

1